空飛びラボ日記 Ver.2

仕事・生活・猫その他

ネコの不思議

犬と暮らしたことがないので、ネコって、、、と書きましたが、多分犬でも色々と興味深いことはあるよね。


うちのネコズはみんな血縁じゃないし、保護した時期が違うから年齢もばらばら。そうすると必然的にあんまり仲良くなりません。
私としては五匹が仲良しだと見ていても幸せになるので、仲良くして欲しいんですけど、どうしても虫が好かない、という感じみたいなので仕方ないですよね。

それでも面白いなと思うのは、時々ベッドでそこまでは仲が悪くない、という二匹が一緒に眠っていたりするときがあることで、許容範囲が広がるというかゆるむときがあるんですね。
寒くて眠いときは多少好きじゃなくてもくっついた方がいいわ、って思うんでしょうか?


さらに、私が間にいるときはかなり仲が悪い同士でも近距離になります。
いっきに私の周りで場所取りをするわけではなくて、来た順から腰を落ち着けていくのですが、見ていると一番のチビ以外は位置関係を考えて場所決めをしてるようです。
例えば、嫌いじゃないけど、、、という相手とは隣り合わせになるけど、絶対嫌いな相手だと私を挟んだ向かいに位置します。やっぱり、何か物体を挟みたいって感じなんでしょうね。


これはかなり奇跡的に五匹が団子になったときの写真ですが、さつき(右)とにーやん(左手前)、さつきとトト(左奥)は絶対に私を挟む形になるので、必然的ににーやんとトトは同じ側になるけど、この二匹はそこまで仲が悪くないのでくっついて寝るのは嫌じゃないんですよね。
で、ミト(中央奥)とさつき、テオ(手前)とさつきもそこまで仲が悪くないので(というか、さつきが嫌ってない)上のような位置関係に収まります。
でも、ミトがテオをかなり嫌っているので、こういう位置になることはあまりなく、ミトは私の腰の後ろ辺りに座ることが多いのですが、この日はミトが来たときはテオが熟睡していたので脚の上に座ったようです。
ミト自身は脚の上に座るのがすごく好きなのです。

我が家の場合、さつきの気性の激しさが色々と制限を設けている感じがしますね。。。元々ネコはボスネコ以下は明確な順位は無いと言われているので、うちも私をボスとすれば残りは横並びでもいいと思うんですが、
ママ→チーママ(さつき)→以下
という構造になっているようです^^;さつき的には自分以外はいなくてもいいと思っている節があるので、好きじゃない相手には絶対に妥協したくない思いがあるのでしょう。


複数飼いをすると、動物同士の関係とか世話の量とか、苦労も増えるのですが、感情も色濃く見えるので面白いです。もちろん姿は人ではなく、言語も異なりますし、私の生活のあれこれをフォローしてもらうことはもちろん無いわけですが、それでも家族だなぁと思います。