空飛びラボ日記 Ver.2

研究する人生

月日は百代の過客にして

今晩は

ただいま5月14日20時
職場です。


ミトが亡くなってしばらくは気持ちを整理したり、平常に保とうと思ってブログを書いていましたが、GW辺りからなんとなく様々なコミュニケーションがしんどいなぁという気分になり、ブログを読むのも書くのも止めていました。
(単に仕事のしすぎで疲れ果てているのでは?という意見もあり)


GWは結局ほぼ仕事をしていましたが、1日だけ遊びに来た両親と遠出して写真も撮ったのでそのことを書かねばと思ってはいたのですが。


そして、今日、約2週間ぶりにブログを立ち上げたところ読者が増えていて、週間はてなブログに取り上げられていました。
ひゃー
blog.hatenablog.com


紹介記事として自分のブログを読むと気恥ずかしいものですね。
しかし、そもそも読者が少ないブログなので、不特定多数に向けて書いているようで書いていない。
そんな日陰ブログがいきなり陽当たりに引っ張り出された感じは軽い衝撃です。

やはりこういうことがあるので、人目を意識した文章を書かねばいけないなと思いました。


そして、たかが2週間でも色々あるんだな、と思いました(タイトル意)


今日は疲れたのでおしまいです。

みぃこの命日

昨日4月29日は2004年に亡くなったみぃこの命日でした。


ウサギのぽんと仲良くするみぃこ



実の兄弟であるにーやんとは行動がリンクすることが多かった

華奢で小さなネコでしたが、性格は大胆かつ無防備。それが災いして5階のベランダから落ちて亡くなりました。
私はその瞬間を見ていなかったのですが、おそらく小鳥か何かを取ろうとして飛んだのではないかと思います。
自ら飛び出さないと落ちようが無いので。

にーやんの目の前で落ちたみたいで、そのショックからでしょう、その時以来にーやんは別のネコがベランダの柵から下を覗いたり、私について玄関ドアから外に出るそぶりを見せると首根っこを噛んで引き留めるようになりました。
最初それに気がついたときは心が震え涙が出ました。


また、にーやんは妹が亡くなったショックが大きすぎて(まだ2匹とも1歳半の子どもでしたから特に悲しかったのでしょう)、1ヶ月くらい抑うつ状態でした。
なんとか食事はするもののすぐに押し入れにはいってしまい、香箱座りで目を閉じてじっとしているのです(寝ているわけでは無い)。
その時うちにはもう一匹さつきというにーやん・みぃこより1歳年上のネコが居ました。
さつきは私にとって初めてのネコで、生後2日くらいで保護して目が開く前からミルクをやりトイレの世話をして育てたネコでしたから、絆がとても強く、さつきにとって私はまさに親でした。
そんな彼女は新参者のネコなんか大嫌い(私を取られると思って)。いじめることは無かったのですが、コミュニケーションなんか取っていませんでした。
しかし、みぃこが亡くなってしばらくしてからにーやんの横に一緒に座っているさつきを見かけるように。


一匹で塞いでいるにーやんに寄り添ってあげるさつき


にーやんもゆっくりですが元気を取り戻していきました。
さつきの温もりがにーやんを回復させたんですよね。
私だけだったら1日のほとんどは仕事で不在だし、にーやんもそのまま病気になったかも知れません。

あんなに嫌っていたのに、本当に傷ついているときは助けるんですね。

こういうのを見ると本当に人間は不完全ないきものだな!と激しい憤りが湧いてきます

**************

さて、昨日は休日でしたし午後から雨と言うことで、朝の掃除などを済ませたあとはダラダラするぞーとタブレットとお茶を持ってベッドへ。
TVeramazon primeで見逃し番組と新たに発掘した海外ドラマをいくつか視聴。そしてkindleで小説。Rentaでコミックス。
iPadがお友達の一日でした。

ネコズも私の膝の上や横でずっとゴロゴロ。
ミトが亡くなってから、テオの甘えが特に強くなっているように思います。

テオ(右)七味(左)並んでお食事

食事の風景も寂しくなっちゃいました。



大家族時代の食事風景(七味はまだ居ません)

帰れない

21時を過ぎました。
三連休を休みたいからと言う理由で頑張っている結果、まだ職場です。
そしてなぜなのか本当に不思議だけど三連休のうち完全に休みなのは明日29日だけで、30日は10:00-15:00くらい来るんですよね。
で、その日の結果次第では翌1日も朝少し来るのです。


休みたいから頑張っているはずなのになぜ。。。。

って自分で決めているのでどうしようも無いですね。
ラソンで、もうボロボロと思っていてもゴールが見えるとダッシュしちゃうじゃ無いですか?
(え?知らない?そういうものなんですよ)
それと似た現象なのでしょうなぁ。

まぁ箸にも棒にもかからない結果しか出ていなければ「ヤメヤヤメヤ!GWでリフレッシュ!」となりますが、長いことドツボっていた実験で、もしやこれは幻では無い本当の出口(幻を100回くらい繰り返している)、、、!!となると、続きは休み明けで、とはなかなかならないのですよね。


よく研究者の望ましい性質として「せっかち」が挙げられます。
私は元々せっかちでは無く、研究者になりたての頃はそれを聞いて「自分は向いていないのかも」と思ったりしましたが、気がつけば仕事の部分では相当せっかちになっていました。
今頑張れば何かが出ると思えるともう駄目なんですよね。そわそわしてしまい、家に居られないのです。



とはいえ、労働時間が12時間を越えてくると遠心機を回しながら中島みゆきの「帰れない者達へ」を口ずさんでしまうワタクシです。

超お手軽エスニック

最近重宝しているのはこちらのインスタントフォー

ビーフ味とチキン味

母が気に入っているらしく、美味しいから!と一箱30食分くらい送られてきました。
私が小麦アレルギーになってからやたらとフォーを送ってこようとする母です。
気持ちはありがたいのですが、米粉製品の情報は当事者の私の方がたくさん集めているわけで、フォーに限らず今は色々ありますし、常備もしているわけで。

とはいえ「こういうのあるけど要る?」ではなくて「買ったから送る」と言われては断れない(断ると可哀想だし)のでありがたくいただきました。


ただ、母は忘れているような気がしますが、私はココナツにもかなり強いアレルギー反応が出ますので、そもそもエスニック要注意なのですよ。
調味オイルにココナツ使ってないだろうな~?と慎重に匂いを嗅ぎましたが不明。。。
まぁ8割大丈夫でしょうということで。

で、これお湯を入れて3分で美味しいフォーが食べられますが、入っているのは乾燥ネギと乾燥謎肉のみ。
これだけで食事にするにはわびしいですね。
そこで具を入れるとこうなります。

牛肉のフォー


これはあとからトッピングしているのでは無く、肉を茹でたお湯で麺を戻しています。
野菜は生のまま乾麺の上に乗せます。
袋に書いてある通りの麺を戻すのに必要な量のお湯をまず鍋で沸かし、スープ類を投入
次にお好みの肉や魚を投入し、7-8割の火通りで止めます。そのため薄切りや挽肉を使用するのがオススメですが、厚みがある肉を使いたいときはしっかり火入れした方が良いでしょう。

肉とスープを野菜と麺の上にかけます。
蓋をして3分
この3分間で具がちょうど良い感じになります。

でっきあがり~

材料さえあれば15分くらいで出来ます。
この方式はチキンラーメンにも応用可能で、食べられた頃はネギ・キャベツ・鶏もも肉なんかを茹でたお湯でラーメンを戻すと、インスタントだけど栄養的にも絵的にも侘しくない食事になります。

日曜日の晩餐

週末は少しだけ丁寧に食事を作ります。
気持ちと時間に余裕があるからね。

平日は、、、帰宅が19時過ぎると食事の準備に30分以上かけられない。いやかけたくない。そして食べるのは10分。
身体に悪いし潤いもありませんが致し方ないです。

仕事柄常に何かしら計算をしているので、帰宅するともはや頭が複雑な段取りを拒否しているのです。


さて昨晩は朝に作ったカポナータ(調べ回った結果、私が作ったものはどちらかと言えばラタトゥイユだったことが判明しましたが、よかよか)を冷蔵庫で保存するために容器に入れたのだけど、入りきらない分が出たのでそれを消費することに。


豚こまで作った適当ミートボールを煮込みました。
この超適当ミートボールがバカウマ。
豚こまに塩とこしょうを振って丸めて焼いただけですが、癖になりそうです。
やはり肉は塊で焼けってことですよ

ミートボールの煮込み、モチ麦のリゾット


あとはモチ麦(と、茶色いのはバーリーマックスというちょっとお高い麦)のリゾット。
インゲン、蕪と仕上げにパルメザンチーズ。

お米でも良いのですが、麦のプチプチ感が好きなのです。