空飛びラボ日記 Ver.2

研究する人生

素材の作り置き

土曜日が仕事になってしまったので、完全な休日が日曜日だけで少々不満です。
そして今日は家事全般に関してよく働いたので、家は整いましたが体は休めていません。
正直明日もお休みしたいところです。


さて、一人暮らしで料理を頑張り、慣れてきた頃に大体取り組むのが料理の作り置きです。
私もせっせと作り置きを行なっていました。もちろん今もやらないことはありませんが、少量作るのが難しく数日にわたって食べても構わないくらい好きなものに限ります。


よく聞く話が
「作って保存したはいいが食べずに冷凍庫の肥やしになっている」
「飽きて食べなくなり腐らせてしまった」
など。


ちゃんと消費したとしても、「帰ったらあれを食べるんだフフフーン♪」とウキウキするよりも「悪くなる前にあれも食べておかないと」となんだか後ろ向き消費。

特に一人だと誰かと会話するわけでもないので、メニューそのものにテンションが上がらないと食事が楽しくない。
1日働きヘローンとなって帰宅たら見た目も美味しそうで、かつ栄養バランスが取れて明日も頑張れそう!という食事を摂りたい!でも調理に時間をかけたくない!!
やっぱり作り置きを取り入れるべきなのか。


そうなんですけど、作り置くのは料理ではなく素材なんです。
素材は買ってあるよ、というそこのアナタ!

違うんです。

素材の作り置きとはいわゆる下ごしらえなのですが、目的がはっきりした下拵えではなく、何にでも利用できるようにする、それがポイントです。

というわけで、私の今週の買い物を例に説明しましょう。

今週の買い物

鶏むね肉2キロのみ業務スーパーで購入、野菜はスーパーで買いました。

まずは野菜の保存です。

ブロッコリー

ブロッコリーは軸を少し切り落としてからこのように水につけておくと2時間のほどで吸水してパツパツになりますので、それから洗います。
硬いブロッコリーじゃないと茹でても美味しくないので。

えのき

えのきは、数時間後に鍋に投入することが決まっている、という場合を除き、石づきを切り落としたらほぐして冷凍します。
私は以前は長いままでほぐしていましたが、上と下で用途が違うかも?と思ってからは上下に分けて保存しています。
このようにジップロックに入れ、なるべく平らにして冷凍します。
えのきを冷凍するのは、キノコキナーゼという成分を余すところなく取り入れるために一度凍らせて細胞壁を壊した方が良いからです。
凍ったまま汁物や炒め物に使用します。

モヤシ

モヤシ
一人暮らしだと半分使って、次回と思った時には溶けていたりするんです。
は〜〜勿体無い!

それももう50度洗いで解決です。
50度洗いとは、文字通り50度くらいのお湯で野菜を洗うことです。本も出ていますし、ガッテンでも取り上げられていました。興味がある人は調べてください。

カニズムですが、植物細胞でも動物細胞でも熱ストレスに反応して細胞内で防御用のタンパク質を作ります(大変ざっくりと説明しています)。これが細胞を元気にするため、野菜の保ちが良くなるんです。さらに旨み成分が増えて美味しくなる場合も多いです。


ただ、色々試した結果50度洗いに向かない野菜もあります。
オススメは、モヤシ、葉野菜(小松菜、ほうれん草、水菜)、ブロッコリー、根菜類、トマト、ピーマン。
少なくとも保存目的ではお勧めしないのが、きゅうり、ナスです。これらを50度洗いする場合は洗ったらすぐ調理した方が良いです。

さて、50度洗いが最も効果を発揮するのはモヤシではないでしょうか?
やり方は簡単で、ボウルに50度くらいのお湯を満たしたらモヤシを投入し、大きく数回掻き回すだけ!ザルにあけて水を切って保存します。

タッパーに入れて保存

私はこのようにタッパーに入れて保存します。
ビニール袋でも大丈夫ですが、底に畳んだキッチンペーパーを入れて余分な水分を吸わせると良いと思います。


ちなみに、私は買った野菜の大半はその日に50度洗いをして保存袋に入れて保存します。
これをやっておくと、鮮度を保ちながら保存出来る上(もちろん50度洗いをしても鮮度は落ちますが、やらないのに比べて、という意味)調理前に野菜を洗うという工程を省けるので楽なんですよね。

カブは葉と分けて
入浴中

写っていませんが、葉も50度洗いしています。
根菜はモヤシや葉物に比べると長く浸けた方が良いので、分けてやっています。


野菜をこのようにあらかじめ洗っておくだけでも平日の時短になります。
そして洗った野菜は鮮度保持袋で保存するとなお良しです。
以前は手に入れにくかった鮮度保持袋もついに100均で手に入るようになりました。

ダイソーに売ってます


独身&自炊の最大課題は「まとめ買いによる節約を食品ロスによって帳消しにしない」ということだと考えていますので、最後まで美味しく食べる工夫は追求していきたいところです。


では続いて何にでもなれる素材作り。

カブの葉

先ほどのカブの葉をザクザク切って塩を軽くまぶします。
塩をまぶすのは脱水、下味(あくまでほんのり)、抗菌(気持ち程度です)が目的です。
このまま保存するので、スプーンや箸で大きく混ぜるだけにして揉みません。
タッパーに入れて冷蔵庫で保存し、使うときに軽く絞ります。汁物や炒めものでも良いですし、強めに絞ってみじん切りにし、ご飯に混ぜて菜飯にするのもオススメです。

こちらも塩まぶし

こんなのも作っておくと、味噌汁やスープの具、炒め物、浅漬け、サラダに重宝します。
人参は皮付きのままでOK。今回はキャベツと共に短冊切りにしましたが、切り方はお好みで良いですが、厚さと大きさは揃えた方が良いでしょう。
また、キャベツとニンジンを一緒にしているのは同時に使用しても差し支えない食材なのと、塩をまぶした時の水分の出方が同じくらいだからです。

例えばきゅうりの塩まぶしを作る場合は水がたくさん出るので単独にしておいた方が良いです。

これも塩をまぶしたら揉まずにタッパー&冷蔵庫、使用時に必要な分だけを軽く絞って使います。

鶏胸肉バンザイ

安くて高栄養、庶民の味方です。

しかし、以前はこういう業務用2キロパックは千円切る時もあったのに、今回1300円くらいでした。
スーパーよりは安いけど、、、、です。
100グラム65円って以前のスーパー特売の価格ですよね。今のスーパーでは100グラム100円切っていたら安いなって感覚ですから、ずいぶん値上がりしています。
飼育コストの増加(飼料の値上がりによる)だけでなく鳥インフルエンザの影響もあるのかもしれません。


まぁそれはさておき、お得な胸肉ですが美味しく食べるにはコツがあります。

まずただ焼いてもあまり美味しくありません。
美味しくする方法はいくつもありますが、簡単なのが塩麹を揉み込むこと。
ただの塩では肉は柔らかくなりませんが、塩麹だと麹の酵素作用で程よく柔らかくジューシーになります。

一晩か二晩冷蔵庫に放置したら、ラップして冷凍するもよし、茹でるもよし。
写真の鶏肉は3枚ですが、私は全部茹でて、2枚は冷凍保存する予定です。
茹でるのはスープを取りたいからというのもあります。


2キロパックには全部で6枚の胸肉が入っていました。
3枚は塩麹をすり込み、1枚はネコズの手作りごはん用に茹でました(猫用なので味付けなし)。

残りの2枚は私の超オススメ!タンドリーチキン!!

塩麹でタンドリーチキン


塩麹、カレー粉、日本酒少々を混ぜて適当な大きさに切った(厚みを揃えたほうが良い)肉に揉み込むだけ。
私はいつもグリルで焼きますが、フライパンでももちろん良いですし、炒め物に使っても美味しいです。当然、チキンカレーにしたって良いです。

長期保存するときは、冷蔵庫で1−2日漬けてから冷凍してください。


私の場合、これはほぼランチ用です。
塩麹に何か混ぜて味変をするというのは色々やってみましたが、イチオシがカレー粉で次が乾燥ハーブ(またはバジルペースト)です。

カレー塩麹を思いついてからはヨーグルトで作るタンドリーチキンをやらなくなってしまいました。
こちらの方が簡単すぎて味も良いので。


ハーブやバジルペーストを混ぜた方は魚の切り身に塗って焼くと美味しく、私のランチのタンパク質はこの塩麹漬け2種とサバ缶のローテーションです。



素材の作り置きについてはまた機会を見てやろうと思います。

ベランダガーデンの危機

猛烈寒波の到来で、私の大事な植物たちも厳しい状況に晒されています。
25日水曜日の朝は、5Lじょうろに溜めておいた水が分厚く凍っており、おぉ!となりました。

育てている植物は南国のものが大半で野外越冬させられるものは多くありませんが、総数が多いため比較的寒さに強いものたちはベランダにしつらえた簡易温室で我慢してもらっています。

温室と言っても、普段植物を並べている棚の側面と上面をプラダンで囲っただけなので、温室ではなく風よけだろうと突っ込みが入るかも知れません。
まぁ風よけです。


それでもこの寒波が無ければ日中の日射しで囲いの内側には暖気が溜まり、植物たちも気温が低い夜間をやり過ごせるエネルギーを蓄えることが出来るのですが、この気温ではどうでしょうか?
きっと心を無にして耐えていることでしょう。。。


側上面に加えて、空いている前面もエアキャップシートなどで覆い、なおかつ一応植物用に購入してあるアイリスオーヤマの小型オイルヒーターをその中に入れればそれこそ簡易温室になるのは分かっているのですが(我が家のベランダには水道だけで無くコンセントまである!)、私自身が寒いベランダでその作業をする気が起きず、室内から植物たちにエールを送るにとどまっています。


とはいえ、貴重な植物も少なくないので、この週末はもう少し防寒してあげた方が良いかも知れません。
寒波もまだまだ続きそうですし、ヒーターは最終手段としても前面シートの取り付けくらいはやろうかな。


植物たちのことは大切に思っているし、自生地のこともなるべく勉強して育てているのですが、じゃあ夜通しエアコンで加温し、乾燥するから超音波加湿器をつけておくかと言うとそんなことはしません。

無理はさせたくないですが、日本の気候に適応していってもらいたいし。
だけど、プロじゃ無くて趣味で育てている人の中にはそこまでしている人もいます。
まぁ、、、、、好き好きなのですが、、、気温10度下回ったとSNSで大騒ぎしている姿にはやや違和感もあったりして。


例えば、気温10度以下で弱ると言われていても、気温10度にどのくらい晒されると弱るのか?問題なのはそこですよね。
さすがにここ数日は外だと一日中10度以下だったりするので、限界かも知れないとは思いますが、室内で育てている場合は丸一日10度以下になることはあまりないのではないかと。
居間に置いているとして、就寝まで20℃くらいに維持されているでしょう。そこから暖房を切って、深夜から夜明けまではもしかしたら6℃くらいにはなるかも知れない。
でも、地域にもよるけど室内で氷点下には滅多になりませんよね。0℃も、どうなんだろう?


というわけで、一日のうち数時間10℃を下回ったからと言って枯れるのか?植物とはそんなに弱い存在なのか??と思いますけどね。


ちなみに我が家は寝室(ネコ達が眠るのもここ)のみオイルヒーター時々ファンヒーター暖房で、植物を置いている居間のエアコンは来局時のみの稼働です(つまりほとんど稼働させない)。
晴れている日は、窓からの日射しで室内温度は高くなるでしょうがこの時期20℃を超えることは無いかと思います。
正午からの数時間暖かいけど、基本的には10℃台前半でしょうね。
それでも我が家の植物(主にチランジア、ビカクシダ、ラン、多肉、サボテン)たちは少なくとも室内組は調子よいです。

真夏や真冬の植物管理は、環境の温度・湿度管理では無くて、植物本体の水分・養分とのバランスを見ていくことがポイントでは無いかなぁと思ったり。


しかし、繰り返しますがベランダ組の植物(チランジア、多肉、サボテン。ランはみんな室内)たちはさすがに厳しいと思います。
バラ、ローズマリークリスマスローズは外でもバリバリ元気ですけど。

また会ったね

今週のお題「試験の思い出」


試験の思い出なんてあまりないけどね、、、と記憶の底を探っていたら、一つ見つけました。


私は獣医学部出身ですが、医学部と比べると設置大学は圧倒的に少ない!
そんなわけで、本命・滑り止めの違いはあっても同じ大学を受験している人も多く、そのうちの何人かは入学後の大学で同級生になることもあります。

ただ、受験会場での出会いが大学での出会いに繋がることはそう多くはないのではないかと思います。


ところが私は、とある私立大学を受験したときに前後の席だった女の子と違う大学の受験でもまた前後。
うろ覚えですが確か前後が入れ替わっていたような。

これまたうろ覚えですが、おそらく最初の受験では話したりしていなかったと思います。
でも、次の受験でお互い「あれ~?!」「会いましたよね?!」と声を掛け合った記憶が。

それで試験の合間や終了後におしゃべりしました。
お互いの第一志望の大学は違ったのですが、最後まで頑張ろうね!と駅で手を振ったことを覚えています、というか思い出しました。


そして迎えた入学式。


私にとっては滑り止めだった大学でした。
入学式が終わり、人混みの中で教科書を購入したりしていると私の名を呼び手を振る人が。

なんと彼女でした。
その大学は彼女にとっては第一志望。でも、獣医学部はダメで、違う畜産系の学部でした。
お互いに再会を喜びつつ、でもなんとなく慰めあいつつ、学部が違ってしまったので同級生として仲良くとはなりませんでしたが、学内で会えば立ち話をするような間柄でした。


そして今彼女は私と仲が良かった同級生の妻です。
不思議ですね。

蹴られたい

大抵のおうちは同じかと思いますが、冬になるとニンゲンの寝床に潜り込んでくるネコ。

我が家のネコズも例外ではありません。
雄ネコのテオは私の右側に潜り込み、私の腕を枕に眠ります。
右側はこれまでミトという別のネコの定位置で、テオは左側に陣取っていたのですが、ミトが昨年春に亡くなって、そうしたら不思議とこの冬はテオが右側に来ました。
ミトが生きていた頃は右側を巡って取り合うことも無く、テオは自ら左側に潜り込んでいたので、そっちが居心地良いのかと思っていたのですが、どういうことなのか?
単に年上に譲っていただけなのかも知れません(テオはそういう性格)。

テオは典型的な短毛ネコで、アンダーコートも標準的な量なので、どちらかと言えば温帯から南方系がルーツではないかと思います。
なので、寒いのはあまり好きでは無いらしく、夜私と一緒に布団に入ると私が起床するまで出ません。


一方、七味は北方系がルーツでは無いだろうかと推察される被毛。
アンダーコートの量が多く、押すとモフモフとした弾力が感じられます。

冬はもちろん暖かいところが好きですが、テオと比べると寒いのも平気なようで、寒風吹きすさぶベランダに出て結構長い間遊んでいたりします。
眠るときも最初から布団に入ることはせず、まずは私の胸の上(重い)か脇に陣取って眠り、明け方近く冷え込みがきつくなってくると潜り込んできます。


テオはニンゲンが添い寝をするように頭だけを布団の外に出し、私の腕にちょこんと乗せて眠るのですが、七味は布団や毛布に潜り込むのが好きです。
でも、そもそもがどちらかと言えば暑がりなネコなので、一時間も布団に潜っていると暖まりすぎるらしく、外に出てきてまた私の脇で眠ることも多いです。

この時、目覚めかけの私が半分無意識に手を伸ばして七味の頭や身体を撫でることがあります。
少しの間はゴロゴロ言いながらされるがままになっているのですが、七味も眠いからか長く撫でているといきなり癇癪を起こし反撃されます。
嫌ならベッドから降りて物理的に私から離れれば良いのではと思いますが、そうはしないんですねーなぜか。

やおら私の腕をがっちり抱え、噛みつきながら本気のネコキックを20回ほど浴びせられます。
相当痛いですwww
今朝もパジャマの上からやられました。

フランネルのパジャマの下にもう一枚着ていたのに傷になっています


痛いし、傷になるのは困るのですが、怖いとか腹が立つとかは全くありません。
むしろちょっと嬉しい。

ネコって本当に嫌いな人には近づかない(見えないところで嫌がらせをしたりはする)。
抗議するのは嫌なの分かってよとコミュニケーションを取りたいし、伝わる相手と思うからこそなんですよね。

あと多分、結構激しい反応なのはこのくらいやっても怒られないもんねと見透かされているのかも?もちろん性格もあると思いますけど。

ネコは小さな猛獣と言われることもあり、リミッターが外れればものすごい力を出します。まぁこれは動物全般に言えることですかね。
動物の本気の力を目にすることはなかなか無いかも知れませんが、雄ネコに大人の男性が手の骨をかみ砕かれたという事故からもなんとなく理解できると思います。


うちの七味ちゃんも本気を出せば私の腕に穴を開けるくらい簡単だと思いますが、どんなにがっつり噛みついていても皮膚を破ってことはありません。
ものすごく痛いけど、加減していることも分かるので、気持ちをぶつけたり甘えたりしているってことなんだろうと嬉しく感じるのですね。
同じような気持ちを持つネコ飼いさんは案外多いのでは無いでしょうか?


ところで、私が一番最初に一緒に暮らしたネコ、さつきは怒り(私が原因では無い)で我を忘れ、私の手首に噛みついたことがあります。
犬歯が骨まで到達しました^^;

噛んだ瞬間にお母さん噛んじゃった!とハッとなりその後しばらく落ち込んでいました。
このコは普段は私に何をされても爪を立てたり噛んだりしないネコだったので(私を呼ぶときも前足の爪は出さない。他のネコ達にはかなりきつくあたっていた)、傷つけた相手が私だったのがすごくショックだったようです。
面白いですね。

しつこいのは嫌いっていつも言ってるじゃニャイ!!!

寒い週末

土曜日

肩のリハビリだったので、その前に早起きして洗濯をして掃除をして。
調子も大体戻った感じ。


病院は8〜9キロほど離れたところにあり、車を持たない私はバスを乗り継いで行くしかない。
と思っていたけど、8キロなら自転車で行けるでしょーと初回を除いて自転車で行っています。

群馬は大変な車社会なので、3キロくらいの距離でも車を使う人が多く、自転車で通院していると言うと「あんなところまで人力でいけるものなの?!」と本気で驚愕されますが、行けるんです。そして案外早いんです。


ただ、土曜日は晴れていましたが強風(赤城おろし)で、南方向の病院に行くときは問題なかったのですが、帰りは向かい風で大変でした。
普段の通勤も帰宅時は向かい風になることが多く、慣れてはいるのですが、土曜日は距離が長かったので心が折れそうになったのを自ら励ましながら帰宅しました。
強風だけでも辛いのに気温も低く、HPが削られまくりでした。


打って変わって穏やかな日曜日

とはいえ気温は低い。
こんな日は家に閉じこもっていたいところですが、自分の実験と学生さんの研究指導で半日出勤。

午後はテレビを見ながら洗濯物を畳んだりしてのんびりしていましたが、明日からまた一週間かと思うと、、、というか今日も仕事してますし。

次の週末は仕事しないで済むといいなぁ。

時々作るクロッグ(ホットワイン
私の膝でくつろぐ七味さん