空飛びラボ日記 Ver.2

研究する人生

日々のこと

素材の作り置き

土曜日が仕事になってしまったので、完全な休日が日曜日だけで少々不満です。 そして今日は家事全般に関してよく働いたので、家は整いましたが体は休めていません。 正直明日もお休みしたいところです。 さて、一人暮らしで料理を頑張り、慣れてきた頃に大体…

ベランダガーデンの危機

猛烈寒波の到来で、私の大事な植物たちも厳しい状況に晒されています。 25日水曜日の朝は、5Lじょうろに溜めておいた水が分厚く凍っており、おぉ!となりました。育てている植物は南国のものが大半で野外越冬させられるものは多くありませんが、総数が多いた…

蹴られたい

大抵のおうちは同じかと思いますが、冬になるとニンゲンの寝床に潜り込んでくるネコ。我が家のネコズも例外ではありません。 雄ネコのテオは私の右側に潜り込み、私の腕を枕に眠ります。 右側はこれまでミトという別のネコの定位置で、テオは左側に陣取って…

寒い週末

土曜日肩のリハビリだったので、その前に早起きして洗濯をして掃除をして。 調子も大体戻った感じ。 病院は8〜9キロほど離れたところにあり、車を持たない私はバスを乗り継いで行くしかない。 と思っていたけど、8キロなら自転車で行けるでしょーと初回を除…

ニシン漬けの冬が来た

年明け早々、数年ぶりに生まれ故郷の漬物であるニシン漬けを作った。とはいえ3歳から東京に住み25年以上暮らし、どちらかといえば東京が故郷という感覚なのに加え、実家では食べたことがなかったので、ニシン漬けは田舎に住む伯母の味、というのが正しい。 …

牛モツを待ちわびて

10日に有休を取り7日から4連休にしたのですが、「休」と言っても忙しく、家事・人と会う・人と会う・人に揉まれてピカソ見る・両親と過ごす、と家事以外はイレギュラーな事象にエネルギーを取られ、今週は最低限の仕事でお茶を濁していました。ようやくまた…

2022年振り返り:食べ物編

10月以降食べたり作ったりいただいたりしたものグリーンレモンで作るリモンチェッロ 定期購入している片浦レモン。夏は収穫が終了しまして10月から再開ですが、初めはグリーンレモンが来ます。 せっかくこの時期だけの若いレモンを使って何か作れないだろう…

2022年振り返り:お出かけ編

忙しいと言いつつもあれこれやっていて、写真も撮っていたので記事にします。じゃあまめにブログ書きなさいよ、という自分突っ込みもしつつ行ってみよう! 10月 両親が遊びに来たので、お気に入りスポットの古墳に連れて行きました。 前方後円墳コスモス畑と…

2023年 明けました

はてなブログ的明けましておめでとうございます。 仕事に忙殺された年末、ブログを書く気力は完全に奪われました(書きかけのブログがあるのに!)。今年も学生が増える予定なので、さらに忙しくなる予感。ブログ更新が滞る予感しかありませんが、たまに覗き…

めっちゃ「先生」だった一日

今日、元々は正しくクレームを付けることの有用性について書くつもりだったんですよね~でもなんかちょっとモヤッとすることがあって、違うことをチョロチョロッと書いてしまったわけですが、その後文書の添削とスライドの添削がドッと来て、今(21時半)ま…

生まれて初めての大凶と深夜の訪問

お題「これまで生きてきて「死ぬかと思った」瞬間はありますか?身体的なものでも精神的なものでも」「みんなのお題に答えてみよう」というの見つけ、面白そうなのでやってみます。少し考えて思いついたのは2つありました。一つ目 当時私は任期がある仕事を…

仙台は良いところだった

金曜日、一度帰宅してネコ達のお世話、シャワー、食事を済ませてから夜行バスで仙台に行ってきました。旅行支援が使えたら遅い時間の新幹線で行って仙台(あるいは福島)で一泊しても良かったのですが、東北地方の支援枠は軒並み早々に上限に達していて使え…

財布が入っていない率高し

今週のお題「カバンの中身」実はあまり財布を持ち歩きません。 と言うと、バーコード決済?と聞かれますが、そういうことではありません。単純に、財布を持っているとつい使ってしまうので、それを防止するためです。 今日は帰りに買い物をしよう、という日…

手作りご飯にトライしています

偏食のミトが亡くなってから、生きているうちにもっとできることがあったんじゃ無いか、と考えて、手作り食について調べて、始めていました。ペットの食事を手作りすると言うことについて多少の知識はあったのですが、学問として正式に教わっていないことも…

掛け布団出しました

明日の明け方くらいから、少なくとも早朝は気温が低い日が続くということで、ようやく掛け布団を出しました。 少し前に冷え込んだときは掛け布団を出すにはまだ早いような気がして、すぐに出せるウールの毛布と膝掛けを重ね、パジャマの上にトレーナーを着て…

ネコ団子の夜

私は一人暮らしですが、猫のために広い家に住んでいます。 広いといっても普通のファミリータイプですが、一人には広いという意味です。ところで、繰り返しの転居の中で思うのは、単身向けの部屋の方が割高じゃ無い?ということです。 多くの単身者は単身向…

なんとか衣替え

午前中は仕事に行ったので、午後から家事。次の週末があまり使えないとなると、ここで衣替えをしておかないともうチャンスがない!と思い、再放送の鑑定団を眺めつつ入れ替え。まだ本格的な冬のコートは出してないけど、ボトムスとトップスはほぼ入れ替えた…

アートARTあーと

先日、休暇を取り東京へ行きました。目的は美術展3つと映画2本をハシゴするためです。 東京か、せめて千葉か神奈川(いずれも東京通勤圏内エリアに限る。埼玉を加えても良い)に住んでいたらこのような暴挙は行わないのですが、今のところだと都心に出るには…

はてなさんありがとう

空ネコが運営しているブログは3つ。うち1つは植物栽培に特化したものなのですが、これまた放置気味。 写真は山のようにあるのですが、ブログじゃなくてついついインスタに投稿してしまうワタクシなのです。 しかしそんな放置ブログをまたもや週間はてなブロ…

連休覚え書きと少しの悲劇について

10月8日・家事諸々 ・新しいマットレスが届く(両親からの誕生日プレゼント) ・クリーニングされた絨毯が届く大きな荷物の配送が集中した日であった。10月9日・午前中少し仕事に行く ・可燃ゴミに出すため、不要なベニヤ板数枚を袋に入る大きさにノコギリで…

些細ではない不具合

実は、 ずっと書いていなかったのだけど、3月下旬くらいから肩関節周囲炎に悩まされている。 いわゆる五十肩というやつである。 ある日突然(本当に突然くる、なんの前触れも無い)腕が上がらない、後ろに手が回せない!となる。 動かないだけならまだしも、…

夏の振り返りあれこれ

(10/9 写真追加)群馬の夏は暑い。 とはいえ去年は想定内の暑さだったんだよね。 今年は殺人的だった。 「酷暑」という言葉があるが、個人的には酷暑を超えていると感じていたので、毎日のように真剣に新しい単語を考えてました。ちなみに、群馬生まれ群馬育…

長年の試行錯誤によって構築されたスタイル

今週のお題「マイルーティン」少し前だけど、YouTubeで「モーニングルーティーン」なるものが人気と聞き、なんじゃそら?他人の朝の活動を見て何が楽しいのだろうか??と激しく疑問だった。今もだが。 ルーティーンってルーティーンがあるから素敵っていうも…

はてなさんしっかりして下さい

気がつけば10月。。。。!!!!! 夏暑かったぁぁぁぁ暑すぎて、仕事以外は「無」の境地でした。むしろよく毎日ちゃんと働いたでございますよ。 日々仕事するために食べ、寝るを繰り返した記憶しかありません。連日35-38℃だったもんねー 私の平熱が35℃台と…

有給休暇と、とてつもなく暑い日々

振り返ってみると意外と暑い場所に住んできたと思うのです。一番長く暮らした東京の下町は、幼少期に暮らした山の手と比べると随分暑かったと思いますし、大学も神奈川の内陸部でしたから夏はヘトヘトになりながら通った記憶があります。 4年暮らした山口市…

初夏の愉しみ

私の料理歴は長い。フルタイム勤務の共働き家庭で育ったこともあり、10歳くらいから母の帰宅に合わせてご飯を炊く、味噌汁を作る、程度はやっていたように思います。また、母が、今から考えれば若くて未熟だったのだと思いますが、大人レベルの完璧さを子供…

金目鯛で鯛めし

金曜日の仕事帰り、いつものご近所鮮魚店に寄りました。 閉店近かったので、ディスカウントされているお惣菜や握り鮨を見ながら私が必ず向かうのは「魚のアラ」コーナー。 ここにはいわゆるアラに加えて、本マグロを解体した際に出る血合や筋を盛り合わせた…

肝の日にエイリアンを食べた話

空猫は下戸に近いくらいアルコール耐性がありませんが、酒の肴になりそうなものが以前から好きですし、作るのもうまいのです。 金曜日、仕事の帰りに鮮魚店(肉も野菜も売っている)に行くと、初めて見るものが売っていました。 それは生の鰻の肝。 食べ方が…

親と遊んだGW

既にひと月が経とうとしていますが、今年のGWの話しを。 ほぼ仕事していたので、特別なこともありませんでした。 ただ、一日だけ母が以前から気になっていたという赤城自然園に行ってきました。 ここはセゾングループが運営する自然公園ですが、企業の文化事…

オススメ漫画二つ

今日は最近一押しのコミックスをご紹介一つ目は山田胡瓜作『AIの遺電子』 ja.wikipedia.org読んだのは去年か一昨年。 命について考えさせられるところが気に入ったのと、未来で生きていく世代に「こそ」読んで欲しいと思ったので、去年のクリスマスに友人の…